即時荷重|神戸インプラント総合クリニック|三宮駅前のミント神戸15F・神戸マルイ5F

即時荷重インプラント

即時荷重とは、インプラントを埋入してすぐにかぶせ物の歯を装着する方法です。

具体的には24時間〜48時間以内にかぶせ物を装着して食事をして頂くことをいいます。

ちなみに、インプラントを骨の中に埋めこんだ後、 48時間から3ヵ月間の間にかぶせ物をしてお食事を実際にして頂くことを早期荷重といいます。

オールオンフォーのように全ての歯を作ってしまうタイプのものも即時荷重法の一つですし、単独の歯に応用することもあります。

通常インプラントの手術の後は、2〜6ヶ月の間、噛みあわせをさせない期間をおいてから歯を入れるのが普通です。インプラントが骨とひっつくまで数カ月かかるからです。

ですから、従来のインプラント治療法は、埋めこみ後、数カ月は噛むことができませんでした。(見栄えを整える仮歯は入れることができます。)

しかし、すぐに歯が欲しい、お食事をしたいと思われる方は多いはずです。

即時荷重インプラントは埋入してすぐに固定性の歯を入れます。つまりインプラントをしたその日に歯を入れることができ柔らかい物なら噛むことも可能です。

ただし、以下の要素を満たさない場合には即時荷重を行うことはできません。

  • 埋めこむ部分の骨がしっかりしている(骨が柔らかすぎない)こと。
  • 埋め込んだ直後に骨の中でがっちり止まって動かないこと(初期固定がいい)こと。
  • 定期的なメンテナンスが可能な方。
  • かぶせ物をしたあと、硬いものを噛まないこと。
  • インプラントの骨の中での微小動揺が150μm以下に抑えられること。

インプラント

つまり、骨がとても柔らかいなど、骨の質があまり良くない場合には行う事はできないということです。

しっかりとインプラントを埋め込み安定させることができる場合に限ります。

インプラントを埋めこんだ時の力を埋入トルク値といいますが、埋入トルク値が35〜40Ncm程度あれば施術が可能です。

ノーベルバイオケア社のブローネマルクインプラントが即時荷重の研究において一日の長があります。このブローネマルクインプラントは当院でも採用しております。

一般に下アゴの即時荷重は成功率が高いとされますが、上顎は施術者の技量や骨の状況によります。安心して治療に専念して頂く為にも、よく医師と相談して施術をお受け下さい。

インプラントの説明

即時荷重インプラントについてのご質問がある方はお気軽にご相談ください。

無料初診相談ではドクターが診察・CT撮影などを行い、治療方法・期間・費用を詳しくご説明します。電話相談やメール相談も無料です。何でもご相談ください。

LINEで無料相談

初診カウンセリング予約

インプラント無料web診断

初めてご来院になる方へ
  • 初診予約
  • 治療の流れ
  • 初診の流れ
  • 当院のメリット
  • 院内ツアー
インプラントの説明
  • インプラントとは
  • よくある質問Q&A
  • オールオンフォー(Allon4)
  • サイナスリフト・ソケットリフト・GBR法
  • 抜歯即時インプラント
  • 即時荷重インプラント
  • 磁石を使用したインプラント
  • インプラントの寿命

治療費について

インプラント説明会

 
ページのトップへ