外食時に外れやすい入れ歯からインプラントにされた例

kobeimp_130211


インプラント治療を受ける患者さんは天然の歯を失った方々ですが、
虫歯や歯周病のため、歯を抜歯しなければならなくなり
インプラントにした方の他に、何年も入れ歯を使われていた方もおられます。

入れ歯が口にぴったりと合っていれば良いのですが、
歯が抜けたあとのあごの骨はどんどん痩せてくるために、
入れ歯も数年すれば合わなくなり、調整が必要になります。

また、新しい入れ歯であっても口にぴったり合っておらず
いつまでたっても違和感があって慣れない、よく噛めない、外れやすい、
手入れが面倒等のお悩みから、入れ歯をあきらめて
インプラント治療に踏み切られる方も多くおられます。

先日インプラントの手術を受けられた患者さんは、
「外食するときに外れないか心配で食事を楽しめないので、
外れないインプラントにしたい」とおっしゃっておられました。
旅行も好きなので、外食が楽しめないのは大問題とのことです。

ブリッジも固定式ですので、違和感は全くなく、義歯だということを
普段は忘れていられるのですが、最近ではブリッジの治療のために
健康な歯を削らなければならないことが広く知れ渡ってきましたので、
ブリッジの治療を躊躇する方が多いです。

そうなると、選択肢はもうインプラントしかありません。
インプラントは顎の骨に小さなインプラント体を埋め込み、
それを歯の根っこの代わりとして、その上に義歯を取り付ける治療です。
天然のご自分の歯と殆ど同じ感覚ですので、
治療後は快適に過ごせます。

このように、インプラントは歯を失った方にとっては
とても良い治療法なのですが、保険がきかないために費用が高価で、
専門的な技術を持った熟練した歯科医師による外科手術が必要です。

インプラントに関しては無料で相談できる歯科が増えていますので、
まずはご相談くださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする