シニアになると歯が気になります。

kobeimp_130111

中高年になると、一番に自分で衰えを実感するところが目と歯です。
入れ歯になると食事の時に色々な不便を感じると共に、見た目も納得がいかないのではないでしょうか。
真っ白な歯が並んでいたところに違う物があるという違和感は、嫌なものだと思います。

最近では良い入れ歯も出て来ているのですが、それらは保険のきかない自費治療であるため、保険の入れ歯と比べると機能が高いかわりにお値段も高くなります。同じくらいの値段がかかるならばとインプラントに興味を示される方も多くおられます。

インプラントは日帰り手術でOK。
治療は歯茎を切開し、顎の骨に金属のチタン製のネジを埋め込みます。骨と結合するのを待って、セラミック製などの人工歯を取り付けるというものです。
80歳代でも健康であれば治療可能です。
50歳を過ぎると治療を希望する方が増えるようです。
そこで迷うのが、どこで治療を受けるかということです。
治療の流れをきちんと説明し、マイナス面もきちんと説明してくれる、また、経験が豊富な歯科医を選ぶのも大切な事だと思います。

インプラントはいまや全世界約50カ国以上においてにも認められ利用されている、優れた医療技術です。神戸三宮インプラントセンターは神戸の地からこの最高の医療を提供いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする