Q6:年齢制限について|神戸三宮インプラントセンター

患者様の生活を歯からサポート。信頼の技術と最新の設備で安心・安全。費用も誠実。

  • トップページ
  • Q&A
  • 質問6.年齢制限はありますか?手術を受けられる年齢の下限や上限を知りたいのですが。

よくある質問 Q&A

質問6 年齢制限はありますか?手術を受けられる年齢の下限や上限を知りたいのですが。

15歳未満の患者様には行っておりませんが、上限は特に設けておりません。

最も必要なのは手術を受けたいという意思と体力です。

あとは顎の骨の状態や肉体的疾患によって手術の可否を判断します。

15歳未満の患者様に行っていないのは、まだ歯が成長過程にあるからです。そういった患者様は成長が止まってからインプラント手術を行うことをお勧めします。

当院には様々なご年齢の方が治療を受けにおいでになります。80歳を超える方にも行っておりますし、20代の方もおられます。 

基本的に、インプラントの手術そのものには年齢は関係ありません。骨の代謝がある限り、何歳でもできます。

当院では最高89歳の方がインプラントをされた症例もあります。その方は、89歳ではありましたが、非常にお元気で自転車をこいで医院におひとりでこられるような方でした

こういうお元気な方でご病気をお持ちでなければインプラントは何歳でもできます。

逆に、若い方でも、リウマチ、重度の糖尿病、骨そしょう症などのご病気がある方にはできない場合もあります。

手術を不安に思われているのでしたら、大学より麻酔専門医に来てもらい、眠っているような状態で手術をすることもできますのでどうぞご安心ください。

施術するドクターはもちろん常に気を配っておりますが、麻酔専門医も麻酔中、常に患者様の心拍数や血圧などをモニターしておりますので安心です。

手術を受けたいという意思と体力さえあれば、何歳になっても遅いということはありません。噛むことができるようになれば体も心も若返るはずです。

神戸三宮インプラントセンター

インプラント手術を受ける年齢などへのご不安やご質問がある方はお気軽にご相談ください。

無料初診相談ではドクターが診察・CT撮影などを行い、治療方法・期間・費用を詳しくご説明します。電話相談やメール相談も無料です。何でもご相談ください。

無料Web診断(無料診断コーナー)
総院長
北大阪インプラントセンター
神戸三宮インプラントセンター
総院長の松本正洋が
あなたの場合の治療費治療方法治療期間をお答えさせていただきます。

実績豊富  初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

インプラント何でも相談ただいま受付中!

LINE@で無料相談はじめました

お試しインプラント

初めてご来院になる方へ
  • 初診予約
  • 治療の流れ
  • 初診の流れ
  • 当センターのメリット
  • 院内ツアー
  • 予診表ダウンロード
  • 治療費をWeb診断
迷っておられる方へ
  • 安心出来るインプラントとは?
  • 患者様の声
  • 入れ歯でお悩みのあなたへ
  • 入れ歯・ブリッジ・インプラントの違い
  • 歯が抜けた時の治療方法
  • インプラントの利点
  • 手術の不安を解消
  • 術前術後の痛みについて
  • 施術できない場合について
  • 治療を受ける前に
インプラントの説明
  • インプラントとは
  • よくある質問Q&A
  • オールオンフォー(Allon4)
  • サイナスリフト・ソケットリフト・GBR法
  • 抜歯即時インプラント
  • 即時荷重インプラント
  • 磁石を使用したインプラント
  • インプラントの寿命
  • 用語集

無料カウンセリング予約 ネット予約もできます

治療費について

説明会のお知らせ


インプラント説明会を開催しております。普段聞けない話が聞ける貴重な機会ですのでぜひお気軽にご参加ください。

詳しい内容・お申し込みはこちら→

当センターは三宮駅直結のミント神戸15Fにございます。

電車 電車でのアクセス 電車


当センターはJR・私鉄各線からのアクセスがよく便利です。

JR三ノ宮駅 直結
ポートライナー三宮駅 直結
阪神神戸三宮駅 徒歩5分
阪急神戸三宮駅 徒歩7分
地下鉄三宮駅 徒歩7分
地下鉄三宮・花時計前駅徒歩7分

メディア掲載情報

特許庁登録商標第5317566号 特許庁長官 細野哲弘

 
ページのトップへ